最近、自分で靴下を編む人が増えています。海外の毛糸屋さんを覗いてみると、色とりどりのソックヤーンが沢山売られています。その中でも手染めのソックヤーンが人気のようです。靴下はセーターほど時間もかからないし、マフラーほど単調でもない。しかも、アラン模様やレース編みなど色々な編み方で編めるので、一度靴下を編んでしまうと止められなくなってしまいます。初めてかかとを編み終わったときの「こうやって、かかとができるんだ!」という驚きと嬉しさは忘れられません。マフラーには飽きた。セーターはちょっとという方、靴下の奥深い世界へ一歩踏み出してみませんか。

 

手編みの靴下の問題点は磨耗しやすい点と手洗いしなければならない点にありました。使用されてい