おかえりなさい、マーボー




マーボーを迎えにベルギーに行ってきました。今は白い壺に入って私の膝の上にいます。マーボーとはこのブログを綴っていた妹の「号泣王」のこと、私は姉の「うっかり王」です。妹のように文章を書くのが得意ではないため、またご報告する内容が内容のために、このタイミングになってしまいました。


癌を患って10年間、良い時も悪い時もありました。

良い時はトワゾンドールの活動に精を出し、旅行に出かけ、おいしいレストラン巡りを楽しんでいました。最期は本人の希望でルーバンの大学病院に献体し、二年間戻ってくるのを家族で待っていました。ようやくベルギーと日本双方のコロナの入国時検疫隔離が緩和されたものの、今度はウクライナ情勢が気になるところでしたが、一日でも早く日本に戻ってきてほしいという家族を代表して行ってきました。「姉妹によるヤーン・ニットショップ」という看板は下ろさざるを得ませんが、妹があれほど一生懸命に、そして嬉々として取り組んでいた「トワゾンドール」は不肖、私うっかり王が細々と続けていこうと思います。ブログはどうかな、続けられるかな。あやしいところです。なんのオチもないうっかり王のうっかり話を綴るだけになってしまいそうです。(実際、今回の短いベルギー滞在中もやらかしてしまいました)


インスタグラム等で精力的にご商売されているヤーンダイヤーの方々のポストを拝見すると、圧倒され焦りもしますがトワゾンドールはゆるゆると、高品質の毛糸を気に入る色に染める喜びを感じながらのスロービジネスに徹していこうと思います。


妹の様に病気で亡くなる人、事故や災害で亡くなる人、戦争で命を落とす人、みんなそれぞれ無念だろうし、残された家族は悲しい。もっと一緒に長く居たかった、もっとたくさん語り合いたかったという想いはきっとみんな同じでしょう。今はひとつでも無駄に命を落とすことが無いように願います。








時節柄、この小僧も医療従事者のコスプレ→