持つべきものは②


ベルギーはサッカーのワールドカップのせいでしょうか、熱気に包まれ、雨も降らず30度近い日が続いています。染色の仕事も涼しい午前中しかできず、ちょっと焦っています。午後は家の中にいると暑くて気が狂いそうになるので、外に出て、庭のクルミの木の下で編み物をしたり、キリリと冷えたモヒートを飲みながらブログを書いたり。優雅な午後のひと時です。あれ待てよ、じゃあ誰が家事をしているの?

うっかり王と号泣王、何が得意かというと、物を広げること、つまり散らかし上手なのです。昨年の夏ツール・ド・フランスの観戦をしに二人でフランス旅行した時、一軒家を借りることになりました。家自体はそれほど大きいくはないのですが、持ち主のおじさんがいろいろ手を加えて16人ぐらい泊められる家に改造したのです。迷路のような作りになっている家のダイニングにはもちろん16名が座って食事ができる長いテーブルが用意されていました。その家に二日泊まることになっていたので、ちょっと気が緩んでしまったのでしょう、10分もしないうちに、例の長いテーブルの上が物で溢れかえってしまいました。二人ともお互いを非難することなく、自然と息の合った動きで、物をかき分け場所を作り、小さくなりながら食事をしたのを覚えています。堂に入った散らかし方、血のつながりを感じた瞬間です。

こんな主婦失格な私に神様は素晴らしいものをお与えくださいました。持つべきものは片付け上手な夫と優秀な家電製品。私がこうして優雅に庭でブログを書いたり、編み物をしている間も、サウナ状態の我が家でルンバ君は汗一つ垂らさず、優秀な頭脳を駆使し、ほこりを吸い取ってくれているのです。ルンバ君の協力で完成した写真のストールXeni、編み図とパターンはラベリーのこちらのサイトからご購入いただけます。説明も分かりやすく、飽きずに楽しく編むことができました。販売元であるamirisuではこれを使って、初めて編む英語のパターン教室を開いているそうです。日本語の翻訳と編み図もしっかりついているので、初めてのことに挑戦してみたいと思っている方にお勧めです。必要な毛糸の量も1カセで、気軽に始められます。色によって全く違った趣がでるXeni、明るいピンクや段染めの毛糸で編んでみるのもいいかもしれません。

簡単にネット等でご購入いただけるパターンを当店の毛糸で編み、サンプルとして東京スピニングパーティーで、展示しようと思っております。これからも、ブログでいろいろ作品を紹介していきますので、もし気に入った物がございましたら、まずパターンをご購入し、お家でちょっと予習をしてから東京スピニングパーティーで当店の毛糸を選んではいかがでしょうか?実際に自分たちで編んでおりますので、いろいろアドバイスもできると思います。

Xeni

     デザイナー:Kitman Figueroa

     使用糸:Toison d'Or Sock Yarn 1 カセ

     サイズ:small 40cmx 102cm

medium 56cm x 122cm

#イベント #東京スピニングパーティー #手編み #編み物 #商品紹介 #染物 #amirisu #ravelry #xeni

姉は子供の頃から編み物をし、妹はそれを真似て編み物を始めました。今は日本とベルギー、遠く離れて暮らしていますが、日々のメッセージのやりとりの内容は編み物のこと。そんな姉妹が編み出す、ニットの世界へようこそ。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

All contents © 2016 by Toison d'Or

​携帯のメールアドレスですと、届かないことがございます。受信ドメイン設定をご確認ください。

お問い合わせ先:

東京都港区

トワゾンドール・ジャパン

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now